8月 30

催涙スプレーの噴射剤表記を訂正しました

催涙スプレーの噴射剤及びボンベ圧力につきまして、WEBサイト上の表記に誤りがありましたので訂正致しました。

【訂正前】
噴射剤  :HFC-134a(代替フロン) / N2(窒素ガス)
ボンベ圧力:0.78~0.80MPa / 0.93~1.00MPa

【訂正後 ※B-610を除く全ての催涙スプレー
噴射剤  :N2(窒素ガス)
ボンベ圧力:0.93~1.00MPa

【訂正後 ※B-610のみ
噴射剤  :HFC-134a(代替フロン)
ボンベ圧力:0.78~0.80MPa

本内容はメーカーに確認をとったものです。
大型催涙スプレーB-610は「代替フロン」、それ以外は全て「N2窒素」です。
催涙スプレーの取扱説明書におきましてはネチュライザー(F-511〜F-515、B-501)は代替フロンとなっておりますが、B-610以外は全てN2窒素とのメーカー確認を得ております。

各代理店様におかれましては表示の訂正をお願い致します。